ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 平成30年7月豪雨(西日本豪雨)関連情報 > 支援制度:被災家屋等の撤去【自費】の申請を受け付けます
支援制度情報(支援制度、特別措置 などの情報)
被災者支援の情報(義援金、ふるさと納税、ボランティア、ごみの受入れ などの情報)
インフラの状況(道路、交通、水道・給水、入浴施設 などの情報)
防災情報(メール配信、防災マップ などの情報)
お知らせ(注意喚起情報、その他の情報 など)

支援制度:被災家屋等の撤去【自費】の申請を受け付けます

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月5日更新

被災家屋等の撤去【自費】 

 平成30年7月豪雨により「全壊」、「大規模半壊」または「半壊」となった家屋等について、生活環境保全上の理由によりやむを得ず個人で撤去する場合、所有者が支払った費用のうち、市が定めた基準額を上限として償還払いします。

被災家屋等撤去【自費】 リーフレット [Wordファイル]

【対象家屋等】

   「全壊」、「大規模半壊」または「半壊」の住家その他の建物

   ※「全壊」、「大規模半壊」または「半壊」の住家その他の建物と同一敷地内にあって、一体的に撤去等が必要であると市が判断した場合は、次のものも対象になります。

   (1) 住家その他の建物の基礎部分

   (2) 個人・中小企業等が所有する事業用建築物及びその基礎部分

   (3)  「全壊」、「大規模半壊」または「半壊」の住家その他の建物に付属する倉庫その他の構造物

   (4) 宅地内に堆積している土砂混じりがれき

    ※基礎部分は、地上部分の撤去と一体的に工事が行われた場合に限り対象になります。

    ※地下埋設物と擁壁、宅地内の舗装は対象外です。

    ※対象家屋は1棟全部を取り壊すものとし、その一部のみを取り壊すものは対象外です。

    ※家屋の内部残留物(家具、家電、建具、土砂等)は、家屋の所有者が危険のない範囲で片づけておいてください。

     ※事業所については、資本金、出資金および常時使用する従業員の数等で個別に判断します。

【対象費用】

  対象家屋等に係る解体・撤去・処分費用  

   ※諸経費、および市が定めた基準額を超えた部分は所有者負担となります。

【提出書類】

  (1) 高梁市自費撤去申請書(様式第1号) [Excelファイル]

    (1-1) 高梁市自費撤去建物配置図 [Wordファイル]

    (1-2) 高梁市自費撤去写真票 [Wordファイル]

  (2) 高梁市自費撤去委任状 [Wordファイル]

  (3) 高梁市自費撤去誓約書 [Wordファイル]

    (4) 高梁市自費撤去誓約書【領収書無】 [Wordファイル]

【申請時に必要なもの】  ※詳細は解体前に窓口へおたずねください。

  (1) り災証明書・被災証明書の写し

  (2) 家屋等に係る登記事項証明書(登記していない場合は固定資産税評価証明書)

  (3) 申請者の本人確認ができる書類(免許証等)   

  (4) 印鑑   

  (5) 業者による見積書の写し   

  (6) 契約書の写し    

  (7) 領収書の写し                 

  (8) 費用の内訳が分かるものの写し(見積明細、請求書内訳票等)   ※ア)解体、イ)積込・運搬、ウ)処分に分けて明細を作成してもらうこと。

  (9) 家屋等の施工前・施工中・施工後の状況が分かる写真   ※解体・撤去するものは、母屋以外も撮影すること。

  (10) 振込先口座情報が分かるもの(通帳の写し等)

  (11) 撤去処分に係る産業廃棄物管理票(マニフェスト伝票)の写し  ※市集積場に持ち込んだ場合は、被災家屋撤去廃棄物搬入書

【自費撤去申請受付期間】

  平成30年9月5日(水曜日)~ 平成31年3月29日(金曜日)

【問い合わせ先・申請受付窓口】 (平日の8時30分~17時15分)

  高梁市復興対策課 0866-21-0246