ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 平成30年7月豪雨(西日本豪雨)関連情報 > 「平成30年7月豪雨」被災者(住家等の被害)の戸籍謄抄本等交付手数料の免除について(終了日は平成31年3月29日です)

「平成30年7月豪雨」被災者(住家等の被害)の戸籍謄抄本等交付手数料の免除について(終了日は平成31年3月29日です)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月14日更新

「平成30年7月豪雨」被災者(住家等の被害)の戸籍謄抄本等交付手数料の免除について(終了日は平成31年3月29日です)

 平成30年7月豪雨(西日本豪雨)で住家等の被害を受けられた方は戸籍謄抄本等交付手数料が免除されます。

証明書の種類

  ・戸籍謄抄本(戸籍全部・個人事項証明)     1通につき450円

  ・除籍謄抄本(除籍全部・個人事項証明)     1通につき750円

対象となる方

  り災証明書・被災証明書を持っている方で、被災家屋等撤去などの被災に伴う各種手続きに使用される方

  (※使用目的が被災に伴わない場合は対象外となります。)

申請方法

  (1)各種証明書交付請求書に必要事項と請求理由を記入していただきます。

  (2)り災証明書または被災証明書(※いずれも原本)を必ず提示してください。

    ( 住民票等証明免除申請時に使用している証明手数料免除申出書は使用できません。)

施行日

  平成30年9月18日(火曜日)から平成31年3月29日(金曜日)