ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 平成30年7月豪雨(西日本豪雨)関連情報 > 平成30年7月豪雨災害義援金の第5次配分について

平成30年7月豪雨災害義援金の第5次配分について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月12日更新

平成30年7月豪雨災害義援金の第5次配分

平成30年7月豪雨災害で被災された世帯に、次のとおり高梁市災害義援金の第5次配分を行います。

  ※り災証明書の申請がお済みでない方は、お早めに手続きをお願いします。 → り災証明の発行受付について

【配分額(平成31年1月28日時点) 】                 

区分

対象世帯

4次配分までの
合計額

5次配分額

(2月7日以降振込)

5次配分を含めた
合計額

人的被害

亡くなられた方

1,400,000円

300,000円

1,700,000円

重傷の方(1ヶ月以上入院)

425,000円

425,000円

住家被害
【持家】

全壊

1,400,000円

300,000円

1,700,000円

大規模半壊

1,175,000円

270,000円

1,445,000円

半壊

1,075,000円

200,000円

1,275,000円

床上浸水
(半壊に満たないもの)

750,000円

100,000円

850,000円

一部破損
(土砂被害によるもの)

330,000円

330,000円

床下浸水

50,000円

50,000円

敷地等崩壊避難世帯(注)

200,000円

200,000円

住家被害
【借家】

全壊

700,000円

150,000円

850,000円

大規模半壊

525,000円

195,000円

720,000円

半壊

525,000円

110,000円

635,000円

床上浸水
(半壊に満たないもの)

350,000円

75,000円

425,000円

床下浸水

15,000円

10,000円

25,000円

敷地等崩壊避難世帯(注)

70,000円

30,000円

100,000円

高齢者施設

半壊

525,000円

525,000円

床上浸水
(半壊に満たないもの)

350,000円

350,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


注)敷地等崩壊避難世帯とは……住家が半壊、または床上浸水に至らない世帯のうち、敷地や裏山等の崩壊により居住が困難な状況が続き、3ヶ月以上避難している世帯をいう。

区分

対象世帯

4次配分までの
合計額

5次配分額

(2月7日以降振込)

5次配分を含めた
合計額

事業所等

事業者用り災証明書の発行を受けた中小企業等で、市内に住所を有する個人事業者、または市内に主たる事業所若しくは事務所を有する法人

50,000円

50,000円

上記のうち2戸以上の集合住宅で賃貸業を営む者で床上浸水の被害を受けたもの

50,000円

100,000円

150,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【加算分】

区 分

対象要件

配分額

住家被害
【加算分】                            

被災者生活再建支援金(加算支援金・建設)の申請世帯のうち、市内で住宅の新築を行う世帯

1,000,000円

被災者生活再建支援金(加算支援金・購入)の申請世帯のうち、市内で住宅の取得し、購入金額が1,000万円を超える世帯

500,000円

被災者生活再建支援金(加算支援金・補修)の申請世帯のうち、補修費用が1,000万円を超える世帯

500,000円

「半壊」または「半壊にいたらない床上浸水(一部破損)」に該当する世帯のうち、住宅(母屋)の補修に要した経費が300万円を超える世帯

※別に申請手続きが必要です。

300,000円

「床下浸水」に該当する世帯のうち、住宅(母屋)の補修に要した経費が30万円を超える世帯

※別に申請手続きが必要です。

100,000円