ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 平成30年7月豪雨(西日本豪雨)関連情報 > 災害により発生したごみの受け入れ期限について

災害により発生したごみの受け入れ期限について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月18日更新

災害ごみの受け入れ期限について

 平成30年7月豪雨により発生した災害廃棄物の仮置き場(ききょう緑地グラウンド)の受け入れは令和元年6月28日(金曜日)をもって終了します。

 令和元年7月1日(月曜日)以降の災害ごみ受け入れは、「り災証明」の提示を条件に、廃畳・木材(直径10cm、長さ1m以内)などの可燃ごみのほか、ガラス類などの不燃ごみについてはクリーンセンターで受け入れを行います。(分別済みのもの)

 家電4品目(冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコン)といったリサイクル家電は、通常どおり排出者の責任において電気店に処分を依頼し、土砂・がれき類・瓦・石膏ボード・断熱材等の産業廃棄物は、専門の処理業者等に処分を依頼してください。