ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 日本遺産 「ジャパンレッド」発祥の地 > 令和3年度日本遺産「ジャパンレッド発祥の地」講演会開催のお知らせ

令和3年度日本遺産「ジャパンレッド発祥の地」講演会開催のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年11月24日更新

令和3年度日本遺産「ジャパンレッド発祥の地」講演会の開催について

 令和2年6月、「「ジャパンレッド」発祥の地 -弁柄と銅の町・備中吹屋-」のストーリーが日本遺産に認定されました。

 このストーリーについて、地域で共有し、その価値や魅力を広く発信することで、地域の誇りを再認識し、地域に残されている文化や文化財の保存・活用に向けた機運を醸成することを目的に、講演会を開催します。

日本遺産講演会

開催日時

 令和3年12月5日(日曜日) 13時30分 ~ 16時00分 (13時00分開場)

開催場所

 高梁総合文化会館 大ホール

 (岡山県高梁市原田北町1212番地)

内容

 <スケジュール>
 13:00 オープニング動画放映
 13:30 開会
 13:40 日本遺産認定後の取り組みについて
 14:00 講演
     【演題】「日本遺産と観光地づくり」
     【講師】株式会社 美ら地球(ちゅらぼし)
          代表取締役 山田 拓(やまだ たく) 先生
 16:00 閉会

 <ホワイエ>
 ・岡山県内の日本遺産の紹介コーナー
 ・ジャパンレッド発祥の地パネル展

講師紹介

 山田先生画像

株式会社美ら地球 代表取締役 山田 拓 氏

(株)美ら地球CEO、内閣官房 地域活性化伝道師、総務省 地域力創造アドバイザー、
(一社) 山陰インバウンド機構 山陰DMOアドバイザー

イナカを巡る外国人向けプラットフォームSATOYAMA EXPERIENCEを運営。

外資系コンサルティング会社を退職し、足かけ2年にわたる世界のツーリズムを学ぶ旅を経て、飛騨古川に移住。里山や民家などの現存する地域資源を活かしたツーリズムを主とした数々の地域再生ソリューションをプロデュース。事業開始10周年を期に、令和2年7月、街全体をホテルのように捉え、点在する空き家等に再投資し、滞在交流拠点として運営することで、町並みや暮らし、文化の維持・継承を目指す分散型ホテル構想(SATOYAMA STAYプロジェクト)を加え、地方部の新たなツーリズムサービスの創造に取り組む。近年は、地方部各地でのツーリズム・ビジネスの立上げ支援や人材育成プロジェクトに従事する。著書に「外国人が熱狂するクールな田舎の作り方」(新潮新書)がある。

令和2年国土交通省自転車活用推進功績者表彰、平成29年ジャパン・ツーリズムアワードビジネス部門賞、平成29年中小企業庁「はばたく中小企業・小規模事業者300社」、平成24年地域づくり総務大臣表彰にて個人表彰を受けるほか、環境大臣賞(「五感で感じるまち大賞」、平成23年)、グッドデザイン賞(平成25年)、エコツーリズム大賞優秀賞(平成26年)など、多方面からの評価を受ける。近年は、地方部各地でのツーリズム・ビジネスの立上げ支援や人材育成プロジェクトに従事する。著書に「外国人が熱狂するクールな田舎の作り方」(新潮新書)がある。

 

公的な役職:
 観光庁 「持続可能な観光指標に関する検討会」委員(平成30年~)
 観光庁 「世界水準のDMOのあり方に関する検討会」委員(平成30年~)
 文化庁 日本遺産審査委員
 中部山岳国立公園南部地域利用推進協議会アドバイザー(平成29年~)
 立山黒部ブランド化推進会議委員(平成28年~)
 福岡県観光審議会委員(令和元年~)
 京都市観光審議会委員(令和2年~)                  等多数

主催

 高梁市日本遺産推進協議会

問い合わせ先

 一般社団法人 高梁市観光協会(本部)  電話:0866-22-2228(受付時間 月~金 9:00~17:00)

 

 日本遺産「ジャパンレッド発祥の地」講演会チラシ [PDFファイル/1.27MB]

 

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)