ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高梁市消防本部 > 住宅用火災警報器はついてますか?
高梁市消防本部

住宅用火災警報器はついてますか?

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月4日更新

住宅用火災警報器は10年を目安に交換をお願いします!

啓発ポスター

 Ⓒスタジオ大黒天 Ⓒマツキタツヤ・宇佐崎しろ/集英社

 

 住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の劣化や電池切れなどで、火災を感知しなくなることがあります。

 10年を目安に交換をしましょう。

正常に作動するかどうか点検をしてみましょう!

a

 ・ボタンを押す、またはひもを引いて作動確認します。

 ・正常な場合はメッセージまたは火災警報音が鳴ります。(点検時の音量は小さく設定してあります。)

 ・音が鳴らない場合は「電池切れ」か「機器本体の故障」です。

住宅火災による逃げ遅れ防止のため必ず設置が必要です!

 全国の統計では、住宅火災で亡くなった方の約6割が逃げ遅れによるものです。

 住宅用火災警報器を必要な場所に設置し、万一の場合に備えましょう。

 ・住宅用火災警報器の奏功事例はこちら 

 ・住宅用火災警報器の設置場所等についてはこちらから

  機器についての詳細は、一社)日本火災報知機工業会のホームページをごらんください<外部リンク>