ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高梁市消防本部 > 第18回全国中学生「防火防災に関する」作文の紹介
高梁市消防本部

第18回全国中学生「防火防災に関する」作文の紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月29日更新

川上中学校から2点の作品が提出されました

 生活協同組合全日本消防人共済会では、毎年全国の中学生を対象とした「防火防災に関する」作文コンクールを行っています。

 今年は「みんなと一緒に地域を守る消防団」をテーマとして募集し、全国から選抜された40点の作品が提出されました。

 岡山県からは川上中学校3年池田花さんの「消防団の仕事」と2年川上寛生くんの「西日本豪雨で学んだこと」が提出され、惜しくも入賞作品には選ばれませんでしたが、消防団の大切さと地域の防災意識の重要性について書かれており、大変すばらしい作品ですので掲示して皆さんに紹介します。

 是非、お読みください。

 消防団の仕事 [PDFファイル/131KB]        岡山県高梁市立川上中学校3年 池田 花

 西日本豪雨で学んだこと [PDFファイル/129KB] 岡山県高梁市立川上中学校2年 川上 寛生

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)