ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 住もうよ高梁 > 地域おこし協力隊を募集しています【観光振興】

地域おこし協力隊を募集しています【観光振興】

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月1日更新

 あなたの「何かしたい」という想いと地域の「何かしてほしい」という気持ちは、ここにしかない地域資源が繋げてくれます。外からの目線と楽しむ気持ちで地域おこしにチャレンジしてみませんか。

【高梁市成羽町吹屋地区の観光分野でのサポートについて】

 高梁市成羽町吹屋地区は、江戸時代中頃から銅を採掘する鉱山町として栄え、また硫化鉄鉱からベンガラの原料となるローハ(硫酸鉄)の生産に成功し、ベンガラ製造においては、日本唯一の巨大産地として繁栄を極めました。

町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、格子や塀など、すべてがベンガラ色の古い家が軒を連ね、古き時代にタイムスリップしたような、世界に誇れる観光地です。

町並みの外れには、平成24年3月まで、現役最古の木造校舎として知られ、現在改修中の旧吹屋小学校があり、今後の利活用により観光客の増加に期待が寄せられています。

また近年は、古民家を活用した宿泊施設のオープンや、飲食店・雑貨店など、起業される方が増加し、吹屋小唄(唄と踊り)やアートをキーワードにしたイベントの実施、定期的なマルシェの開催など、観光振興に繋がる取り組みが広がっています。

しかし、この吹屋地区へ訪れる観光客は、外国人観光客や若い世代も増加してきており、新しくオープンした施設や飲食店などと連携し、その客層に合った新しい取り組みが必要となっています。

 そこで、本市では、地域外からの人材を受け入れ、吹屋地区の観光振興や地域資源を活用した地域活性化を図るため、次のとおり、「地域おこし協力隊員」を募集します。 

【吹屋ふるさと村のベンガラ色の町並み】                    【旧吹屋小学校】

吹屋ふるさと村 旧吹屋小学校

【古民家を活用した宿泊施設と併設されているカフェ】          

町家ステイ吹屋 千枚 町家ステイ吹屋 千枚

 

1 募集人員

  地域おこし協力隊員 1名

 2 活動の種類

(1)高梁市成羽町吹屋地内での観光振興に関する活動
  1)吹屋地区の観光振興のために、地域の資源(町並み・旧吹屋小学校・古民家・地域イベント等)の活用や
   そのブラッシュアップ、新しいアイデアによる取り組み
  2)古民家を活用した宿泊施設の運営に関する取り組み
  3)外国人観光客(インバウンド)に対応できる取り組み
  4)吹屋の町並みにある既存店舗や関係者と交流・連携し、経済効果につながる取り組み
(2)地域の情報発信に関する活動                                                                  

3 募集対象(募集条件)

(1)年齢 平成31年4月1日現在でおおむね20歳以上40歳未満の方。
(2)性別 問いません。
(3)住所 現在、条件不利区域外に居住し、委嘱後、高梁市内に生活拠点を移し住民票を異動できる方。
(4)基本的なパソコンの操作(ワード・エクセル・パワーポイント等)のできる方。
(5)普通自動車運転免許を取得している方。
(6)地域になじむ意思があり、住民とともに地域活性化に取り組み、地域を元気にする意欲のある方。
(7)心身とも健康で、体を動かすことと、自然を楽しむのが好きな方。

※「条件不利区域」とは
 過疎法、山村振興法、離島振興法、半島振興法等の指定地域に該当する区域をいう。(詳しくはお問い合わせください)。

4 主となる活動地域(受入地域)

  高梁市成羽町吹屋地内

5 活動時間

  月160時間の活動を想定しています。
  *活動時間帯は、活動内容によって変動。

6 委嘱形態・期間等

(1)地域おこし協力隊員として市長が委嘱(市との雇用関係はありません。)
(2)委嘱時期は採用決定日から2ヶ月程度を予定しています。
(3)委嘱期間は、委嘱の日から平成32年3月31日までとします。
  (ただし、活動に取り組む姿勢、成果等により、翌年度以降更新し、最長3年まで延長。)

7 応募方法

  下記応募手続とおり。

8 処遇・福利厚生等

(1)報償費

   月額166,000円
   (市との雇用関係はありませんので、健康保険料及び国民年金は、各自の負担となります。)

(2)住居

   市営住宅や地域にある住居を斡旋します。
   (家賃については月額3万円を限度に市が負担します。)

(3)その他

   ・着任準備に要する経費(引越し費用等)を20万円を限度に支給します。
   ・活動に使用する自動車のリース代、燃料費等を予算の範囲内で支給します。
   ・活動に必要な資機材等を予算の範囲内で提供します。

9 応募手続

(1)申込受付期間

   随時

(2)提出書類

  所定の応募用紙に住民票、免許証の写しを添付のうえ、高梁市役所住もうよ高梁推進課に郵送または直接お持ちください。(応募用紙は、下記よりダウンロードしてください。)

10 選考の流れ

(1)審査方法

 (第1次選考)
   書類審査の上、結果を応募者全員に文書で通知します。
 (第2次選考)
   第1次審査合格者について、面接による第2次選考を行います。   
   日時及び場所については、第1次審査結果を通知する際にお知らせします。
   なお、面接審査の参加に要する交通費等は個人負担とします。

(2)最終選考結果のお知らせ

   面接から2週間以内に文書にて通知します。
   ※委嘱日については、内定者と市が協議のうえ決定します。

【募集要項・応募用紙】
【高梁市地域おこし協力隊の活動状況】
※現在、高梁市では、都市部から移住した5名の若者が地域おこし活動に奮闘中です↓↓

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ページトップにもどる
前のページにもどる