ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ >                    > 高梁市山田方谷記念館開館2周年特別展【2月20日~4月9日】

高梁市山田方谷記念館開館2周年特別展【2月20日~4月9日】

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年2月22日更新

◆山田家伝来の史料展 其の二 「方谷幼少期の書」

 2月21日は、山田方谷の217回目の生誕日です。

 また方谷の生誕日にあわせて開館しました高梁市山田方谷記念館は、開館2周年を迎えます。

 これらにあわせまして、特別展を開催することといたしました。

 今回の特別展では、「山田家伝来の史料展 其の二」として、方谷が幼少期に書いた書を2点展示いたします。

 この2点の書は、これまであまり展示されていないものであるとともに、どちらも方谷のものと思われる手形が残されており、方谷の幼少期の手の大きさを知ることもできる貴重な史料です。

 また方谷の手形と手の大きさを比べるコーナーも設けておりますので、ご来館いただきまして、方谷の手の大きさを実感してください。

 

  ■期間 : 令和3年2月20日(土曜日) ~ 4月9日(金曜日)
           (2月21日:山田方谷の生誕日 2月24日:開館2周年)

  ■展示物: 竹虎   (4歳の書)
          徳不孤 (5歳の書)

  ■入館料: 大人500円、小中学生250円(高梁市在住の小中学生、65歳以上は無料)

  ■場所 : 高梁市山田方谷記念館(高梁市向町21)  電話:0866-22-1479

 

展示風景
展示風景1 展示風景2
展示風景3 展示風景4

 

 

※山田家伝来の史料展とは?

 山田方谷記念館館長の山田敦は、山田方谷から数えて5代目の玄孫にあたり、山田家には方谷以来の歴史的な史料が数多く伝来しています。

 当館では、施設の設備的な制約から実物資料の展示を常時行うことができず、レプリカを中心とした展示を行っています。しかし、どうにか実物資料をご覧いただく機会が作れないかとの思いから、期間を限定して、山田家に伝来した史料をシリーズ的に展示することとしております。