ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 都市整備課 > 建築物の既存の塀の安全点検について

建築物の既存の塀の安全点検について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月2日更新

建築物の既存の塀の安全点検について

 ブロック塀等の安全確保、維持管理については、所有者・管理者の責任であり、日ごろから異常がないか点検することが大切です。

 もし、危険なブロック塀等を放置しておくと、地震等の災害時に倒壊し、人に危害を加えてしまう恐れがあります。また、避難や救助の妨げになるなど、周辺の人に迷惑をかけてしまいます。

 建築基準法には、ブロック塀等について構造基準はありますが、築造された時期(昭和56年6月以前)によっては、現在の基準に適合していない可能性があります。また、基準に合ったブロック塀等であっても、年数とともに老朽化し、ひび割れや欠け、鉄筋のさび、塀の傾き等が発生します。

 日ごろから安全点検を行い、わからないことがある場合や危険と思われる場合は、専門家に相談してください。

 

 ◆岡山県建築指導課ホームページ(建築物の既設の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検について)<外部リンク>

 ◆ブロック塀の点検のチェックポイント [PDFファイル/105KB]

 ◆ブロック塀等の安全性確保に向けた所有者向け・施工業者向けの啓発チラシ

   ○所有者向け [PDFファイル/4.55MB]

   ○施工業者向け [PDFファイル/2.78MB]

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)