ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民課 > 新型コロナウイルス感染症対策 住民票や証明書交付などの手続き

新型コロナウイルス感染症対策 住民票や証明書交付などの手続き

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月16日更新

新型コロナウイルス感染症対策  住民票や証明書交付などの手続き

 年度の変わり目は市役所の窓口が大変混雑します。

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響および感染拡大の防止のため、郵送等でできる手続きをご活用ください。

郵送による転出届

 住民異動届のうち、転出届は郵送で手続きができます。詳しくは郵送による転出届 (Excel)をご覧ください。

 (注)転入届、転居届等は市民課または各地域局へお越しください。

証明書の郵送請求

 戸籍関係証明書、住民票の写し等は、郵送で請求することができます。詳しくは戸籍等の郵送請求について をご覧ください。

転入・転居等の届出期間について

 転入や転居等の届出、国民健康保険の届出については、届出の事由が生じた日から14日以内に行わなければなりませんが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に伴い、当分の間、14日を経過した場合であっても、新型コロナウイルス感染症の感染を避けることが理由である場合は「正当な理由」があったとして、期限経過後も手続きができます。

 ただし、その他の各種手続きの期日につきましては、担当課へお問い合わせくださいますようお願いします。

マイナンバーカードの継続利用の取り扱いについて

 マイナンバーカードを所持している方が転出届をした後、転入先で転出予定年月日から30日を経過しても転入届を行わなかった場合は、マイナンバーカードは失効しますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に伴い、当分の間、転出予定年月日の60日後までは、マイナンバーカードは失効せず、マイナンバーカードの継続利用の手続きをすることが可能です。