ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康づくり課 > ノロウイルスの感染症・食中毒予防対策について

ノロウイルスの感染症・食中毒予防対策について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月25日更新

食中毒(ノロウイルス)注意報発令

平成30年12月13日、「岡山県食中毒(ノロウイルス)注意報」が発令されました。

食中毒(ノロウイルス)にならないように皆さんしっかり予防をしましょう!

【ノロウイルス食中毒の特徴】

・主に冬場を中心として流行します。

感染力が非常に強く、10個程度のウイルスでも感染し、大規模な食中毒となることがあります。

・感染すると1~2日後に嘔吐、下痢、腹痛、発熱などを発症します。

・主な原因は、ノロウイルスに感染した調理従事者の手などを介して、食品が汚染されること(二次感染)によるものです。

 【手洗いをする際の注意】

◎手指は石けんをよく泡立てて、しっかりもみ洗いし、水で十分にウイルスを洗い流すことが大切です。

◎トイレの後や、食品を取り扱う前には、手洗いを2回繰り返すとより効果的です。

【 調理者の感染を防ぐ方法】

◎感染予防には手洗いが最重要です!

◎外から帰ってきた後や食事前の手洗いを日常から徹底しましょう。

◎家庭内での感染も起きやすいので、調理者は家族の健康状態にも注意しましょう。

 【調理時に注意すること】

◎加熱して食べる食品は、中心部までしっかり加熱しましょう。(中心部を85~90℃で90秒間以上)

◎食器、調理器具は使用の都度、洗浄・消毒をしましょう。

◎二枚貝などを取り扱うときは、専用の調理器具(まな板、包丁等)を使用するか取り扱った後は、調理器具を十分に洗浄・消毒しましょう。

◎調理前、トイレの後の手洗いを徹底しましょう。

◎調理者が、下痢や風邪に似た症状のある場合は、食品を直接取り扱う作業に従事しないようにしましょう。

 ノロウイルスに感染しても、症状が現れずに便にウイルスを排出している場合(不顕性(ふけんせい)感染)があります。

◎健康状態にかかわらず、日頃から手洗いの徹底を心掛けましょう。

 《消毒する際の注意》

次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)」を使用しましょう。

・希釈液の塩素は揮発しやすいため、作り置きはせず使用の都度作りましょう。

・次亜塩素酸ナトリウム(原液)の表示をよく読み、濃度や使用期限を確認しましょう。

・家庭用の次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系漂白剤からでも作れます。