ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 日本遺産・歴まち推進室 > 高梁市歴史的風致維持向上計画(第2期)

高梁市歴史的風致維持向上計画(第2期)

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年6月30日更新

高梁市歴史的風致維持向上計画(第2期)が国から認定されました

 高梁市では、平成22年度に高梁市歴史的風致維持向上計画を策定し、さまざまな施策に取り組んできました。この計画が令和2年度で終了することに伴い、第2期計画を策定し、令和3年3月29日に文部科学大臣、農林水産大臣、国土交通大臣の認定を受けました。

計画期間

令和3年度~令和12年度(10年間)

歴史的風致とは

 歴史的風致とは、地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律(通称:歴史まちづくり法)第1条において「地域におけるその固有の歴史及び伝統を反映した人々の活動とその活動が行われる歴史上価値の高い建造物及びその周辺の市街地とが一体となって形成してきた良好な市街地の環境」と定義されています。

高梁市歴史的風致維持向上計画(第2期)について

 高梁市は、歴史的な町並みや社寺などの建造物と、そこで行われる祭礼や民俗芸能などが一体となり、良好な市街地環境が形成され、本市固有の風情や情緒を醸し出しています。
 第1期計画では、5つの歴史的風致を位置づけ、町並みの保全や民俗芸能の保存継承などに関する事業を実施してまいりました。
 第2期計画は、第1期計画に引き続き、5つの歴史的風致を位置づけ、これまでの取り組みの成果と課題を活かした計画を策定しています。

高梁市の歴史的風致
・城下町の構造と祭礼に見る歴史的風致
・松山踊りに見る歴史的風致
・銅山と弁柄による繁栄に見る吹屋の歴史的風致
・備中神楽に見る歴史的風致
・渡り拍子に見る歴史的風致

参照:
国土交通省発表資料
国土交通省HP

高梁市歴史的風致維持向上計画(第2期)

軽微な計画変更

 令和4年3月に以下のとおり軽微な計画変更を行いました。

  (1)変更内容
    ・機構改革に伴う庁内推進組織の変更
    ・計画策定の経過の追記
    ・備中神楽が奉納される神社一覧の誤記の修正

フォローアップ(進行管理・評価)

 高梁市歴史的風致維持向上計画の進行状況とこれに基づく事業の評価を公表しています。

関連リンク

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)