ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 吉備川上ふれあい漫画美術館 > 秋の特別展『松本ひで吉展』開催のお知らせ

秋の特別展『松本ひで吉展』開催のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年8月26日更新
展示
この秋、吉備川上ふれあい漫画美術館では、岡山出身の漫画家 松本ひで吉の展覧会を開催します。
ふるさと初個展となる今回は、デビュー作『ほんとにあった!霊媒先生』の原画や現在連載中の人気作『いきものがたり』の
描き下ろしイラストまで約50点を一堂に展示します。どうぞお楽しみに!
松本ひで吉:プロフィール
岡山県出身。2008年に『ほんとにあった!霊媒先生』で月刊少年ライバル(講談社)にてデビュー。
2010年少女漫画雑誌なかよしに『さばげぶっ!』を連載。近年では自身のTwitterに連載したペットの実体験を
もとにしたエッセイコミック『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』が話題となり、2020年にアニメ化もされた。
現在は、イブニング(講談社)で『いきものがたり』を連載中。

「松本ひで吉展」の見どころ

☆デビュー作から最新作までカラー作品を含む約50点の原画を一堂に展示。

☆『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』などの特装版グッズの展示コーナーも!

☆直筆サイン入り色紙をプレゼント!
原画展会場で所定の用紙に松本ひで吉先生へのメッセージやマンガの感想を書いて応募すると、
抽選で5名様に直筆サイン入り色紙が当たる!

☆松本ひで吉先生への質問を募集しています!(8月26日~9月6日)

現在、漫画美術館では、「松本ひで吉先生への質問」を募集しています。

「魅力的なキャラクターは、どんな発想から生まれるの?」

「動物愛がハートに響きます。最近の胸キュンペットエピソードは?」

「マンガ家になるためにはどんな勉強をすればいいの?」などなど

聞きたいことがたくさん!

この機会に、素朴な疑問や気になっていた事を質問してみませんか?

ご質問は、下記の吉備川上ふれあい漫画美術館「お問い合わせはこちらから」で受付けております。

皆様からのご質問への松本先生の回答は、展覧会場にて展示予定です。

なお、すべての質問に対して回答・展示されるわけではありませんのであらかじめご了承ください。

 ※『質問』募集期間  8月26日(金曜日)~9月6日(火曜日)

 

吉備川上ふれあい漫画美術館へのアクセス方法

☆お車の場合

 ・岡山市から約90分

 ・福山市(広島県)から約60分

 ・「JR備中高梁駅」から約30分

☆JR「岡山駅」から電車とバスをご利用の場合

 ・JR伯備線:「備中高梁駅」で下車(岡山ー備中高梁間約60分)、

  備中高梁駅ビル1Fの備北バス:「地頭方面行き」約30分、「地頭」停留所下車、徒歩5分

  ※電車とバスの時刻は、下記の時刻表(PDF)でご確認ください。


大きな地図で見る<外部リンク>

新型コロナウィルス感染症対策について

・マスクの着用、咳エチケットや手指消毒の感染予防にご協力ください。
・咳や発熱等(体温が37.5℃以上)の症状がある方は、ご来館をお控えください。
・館内ではソーシャルディスタンスを確保のうえ、お静かにお過ごしください。

「松本ひで吉展」この秋、必見の展覧会です。ご来場をお待ちしております!

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)