ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高梁市歴史美術館 > 2020年度 歴史美術館展覧会案内

2020年度 歴史美術館展覧会案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

 

★常設展示「たかはしの歴史と美術」★

  「たかはしの歴史と美術」では、高梁の歴史と美術をテーマとした常設展示を

 しています。今年度は、3回の展示をいたします。

  同時に漢学者で、幕末の備中松山藩の財政改革を実施した藩士 山田方谷

 について紹介する展示も併催しています。

 

  入館料   一般    400円

          小中学生  200円

  休館日   火曜日

         【火曜開館日】5月5日、2月23日 

         【振替休館】5月7日(木曜日)、2月24日(水曜日)

         【臨時休館】2021年3月16日~4月9日(予定)

  開館時間  9時00分~17時00分(入館は16時30分まで)

 

 

 1期:「絵図で見る!知る!高梁」

 江戸時代を中心に、備中松山(現高梁市)の絵図など18点を展示し、

城下の歴史をご紹介いたします。また天保10年(1839)に城下で起

きた大火災を描いた「天保十年 松山城下火災図」(高梁市蔵)を初公

開いたします。

 

 会期  2020年3月21日(土曜日)~8月17日(月曜日) 【終了しました】

天保十年 松山城下火災図(部分)

『天保十年 松山城下火災図』(高梁市蔵)

 

 2期:「御前神社の神像と歴史」

 高梁市宇治町にある御前神社の神像群(県指定重要文化財を含む)

などを一堂に公開し、その歴史をご紹介いたします。

 

 会期 来年度に延期となりました

木造童形神坐像

  『木造童形神坐像』御前神社蔵

   (県指定重要文化財)

 

 3期:「館蔵刀剣せいぞろい」

 備中松山城の天守に奉納された「宝剣 銘国重」など高梁市歴史美術館

所蔵の刀剣を中心にご紹介いたします。

 

 会期 2021年1月9日(土曜日)~3月15日(月曜日)

宝剣 銘国重 『宝剣 銘 国重』高梁市蔵(県指定重要文化財)

 

 

★特別展「版画で見る備中松山城~三峰三郎、城との対話~」★

 2020年は、備中松山城築城780年にあたります。また昨年は「高梁」命名150年記念の

年でもありました。

 今展では、高梁市で生まれ育ち、備中松山城を制作の主たるテーマとして作品制作を続け

る版画家 三峰三郎氏の作品群とともに、780年の長きにわたり、高梁市のシンボルであり

続ける備中松山城の歴史と変遷をご紹介いたします。

 

会期 

2020年8月22日(土曜日)~11月16日(月曜日) 【終了しました】

開館時間

9時00分~17時00分(入館は16時30分まで)

入館料

大人              500円

高校・大学生・65歳以上 300円

中学生以下           無料

※特別展のため通常入館料と料金が異なります。

休館日

火曜日(ただし9月22日、11月3日は開館。翌日に振替休館します)

雪粧う備中松山城(三峰三郎) 『雪粧う備中松山城』三峰三郎(2019年)

 

 

★小企画展「たかはしゆかりの絵画展」★

 高梁市歴史美術館には、絵画作品も多く収蔵しています。今展では、あまり公開する

機会が少ない、こうした絵画を公開し、高梁ゆかりの画家たちの作品をご覧いただきます。

 

会期

2020年11月21日(土曜日)~12月27日(日曜日)

開館時間

9時00分~17時00分(入館は16時30分まで)

入館料

一般    400円

小中学生 200円

休館日

火曜日

ジプシー 『ジプシー』長谷川正義 高梁市蔵

 

 

 

 

※ 都合により変更する場合がございます。ご了承ください。