ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高梁市歴史美術館 > 常設展示:たかはしの歴史と美術「館蔵刀剣せいぞろい」

常設展示:たかはしの歴史と美術「館蔵刀剣せいぞろい」

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年12月17日更新

常設展:たかはしの歴史と美術 「館蔵刀剣せいぞろい」

宝剣 銘国重 宝剣拵

            「宝剣 銘国重 宝剣拵」高梁市蔵(岡山県指定重要文化財) 

岡山といえば備前刀、というほど備前刀の名前は知れ渡っていますが、

かつては備中地域でも刀剣の制作が盛んにおこなわれていました。

今展では近世の備中刀を中心に、館で収蔵する刀剣を展示します。

人々をひきつけてやまない刀剣の魅力をご堪能ください。

 

会期

令和3年1月9日(土曜日)~3月15日(月曜日)

 

会場

高梁市歴史美術館 (高梁市文化交流館2階)

 

入館料

一般400円、小中学生200円

  ※市内在住の小中学生が学校休業日に入館するときは無料。
  ※障がい者手帳をお持ちの人と介助者1人が入館するときは無料。
  ※市内在住の65歳以上の人は無料(証明書をご提示ください)。

 

開館時間

午前9時から午後5時まで(ただし、入館は午後4時30分まで)

 

休館日

毎週火曜日(2月23日は開館、翌日休館)

 

同時開催 「山田方谷の生涯」

漢学者で、備中松山藩における藩政改革の立役者である

山田方谷に関する資料を展示します。

小倉魚禾筆「山田方谷肖像」

小倉魚禾筆「山田方谷肖像」 高梁方谷会蔵

 

開催チラシ

刀剣せいぞろいチラシ

開催チラシダウンロード [PDFファイル/709KB]

 

がんばろう高梁!!

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)