ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

看護部

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年4月1日更新

 看護部理念

 病院の理念に基づき、安全で安心な看護を提供し、患者様に優しく寄り添いながら回復力を高めるよう支援します。

 看護部の方針

・ 地域社会の変化に伴い、ニーズに応じた看護を提供します。
・ 常に相手の立場に立ち、患者様の尊厳と人権を守ります。
・ 患者様が最善な状況となるよう、患者様に最適な看護を提供します。
・ 地域医療チームの一員として役割を遂行します。
・ 専門職として主体的に学習し、日々研鑽に努めます。
・ 市職員としての誇りを持ち、責任ある行動をします。

 教育理念

 看護職は、専門職として専門性を高めながら社会のニーズに応えていくことが求められる。そのために個々の看護職が生涯を通して学習し続けられ、自己のキャリア開発できるよう支援する。

 教育目標

・ 看護の質向上と看護職員の満足度が高められる教育計画をし、臨床実践能力の向上、自己のキャリア開発を目指し、自立した看護職となり、公立病院の看護職としてふさわしい人材の育成を図る。

看護部長あいさつ

 令和4年4月より藤井篤子前看護部長の後任として、成羽病院の看護部長として就任いたしました原田邦栄と申します。
一昨年よりコロナウイルス感染症対策のため、入院されている方々はご家族にも面会できず、寂しい思い、不自由をおかけしています。少しでも、患者さん、ご家族の思いに寄り添えるよう努力してまいりたいと思います。
 高梁市の高齢化率は、年々高くなり、高齢のご夫婦、一人暮らしの方も増えてまいりました。しかし、住み慣れたご自宅で過ごしていただくことを目指し、成羽病院では入院時より在宅を視野に入れた看護の提供を心がけています。
 看護師が、外来から病棟へ、退院時には病棟から外来へ情報提供し、切れ目のない継続看護を実施しています。

 成羽病院の基本理念に基づき、今年度の看護部目標を掲げました。
1.地域における医療・介護・福祉の連携を強化し、切れ目のないケアを実践する。
2.ラダーに基づき、自律できる人材の育成。
3.社会の変化に適応し病院経営に参画する。
4.働きやすい職場環境を整備する。
5.倫理的感性を高め、患者さんから信頼される看護専門職を目指す。

 これからも多職種と連携し、患者さん一人ひとりに思いやりをもって接してまいります。

看護部長 原田 邦栄

外来

 外来は、8つの診療科と、内視鏡室、手術室(中央材料室)を担当しています。病気を抱えた患者様が住み慣れた地域で安心して日常生活が送れるよう継続看護に取り組んでいます。病院と在宅との橋渡し的存在として、この地域に根ざした病院の窓口となるよう、明るい笑顔とまごころで、看護を提供していきます。
 また、内視鏡検査を年間約1,300件(上部・下部あわせて)行っています。内視鏡技師4名で医師と共に、患者様の検査の不安や苦痛が少しでも和らぎ、安心して検査を受けてもらえるように日々、研鑽していきます。

3階病棟

 3階病棟は、内科、外科、眼科、小児科の入院があり、小児から高齢の方まで、幅広い年齢層の患者様が入院される一般病棟です。地域柄、独居生活の方や高齢者世帯の方も多く、国が推奨する地域包括ケアシステムに向け、入院時より退院後の生活を見据えた看護ケアの実践に取り組んでいます。入院中に日常生活動作(身体機能)の低下、認知機能低下が起こらないよう多職種と連携し、患者さんやご家族に満足していただけるケアを目指しています。
 また、一人一人の患者さんの生活スタイルの理解に努め、安心して入院生活を送っていただけるよう常に笑顔を絶やさず、患者さんに寄り添う優しい看護を心がけています。

4階療養病棟

 4階療養病棟は、比較的症状は安定していますが、継続して医療的なケアや病院での療養が必要な患者様を対象としています。自分では動くことのできない患者さんがほとんどなので、日常のお世話が欠かせれません。患者さんを支えているご家族もご高齢の方が増えています。本人だけでなく家族の精神的なサポートが必要な場合には、レスパイト入院の受け入れも行っています。
 また近年は外来で大腸検査を受け入れられる方の前処置やポリープ切除後の経過観察入院も行っています。
 看護師と看護補助者が協働し、情報共有を行いながら、ケアの充実、自立に向けて援助することで地域との連携を図り、在宅、施設での療養生活が行えるよう目指しています。