ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップへ
現在地トップページ > 住もうよ高梁 > 若い世代のマイホーム取得を応援!【令和5年度住宅取得助成事業について】

若い世代のマイホーム取得を応援!【令和5年度住宅取得助成事業について】

ページID:0050915 印刷用ページを表示する 掲載日:2023年3月31日更新

若い世代のマイホーム取得を応援します!

申請には条件があります。申請前にお問い合わせください。​

 

対象者要件

子育て世帯、若しくは40歳以下の方で、過去にこの助成金の交付を受けていない者

注)子育て世帯とは、助成金の交付申請日において、中学3年生までの子(出産予定の子を含む)を養育している世帯

※ただし、高梁市に定住する意思を持ち、市税等を完納していること

偽りの申請や不正な方法によって助成金の決定を受けたまたは助成金の交付後5年以内に転居、転出した場合等は助成金の返還を命じる場合があります。

 

 

住宅を新築する場合

住宅用地購入代金の10分の1(上限100万円) ※千円未満切り捨て

 《対象となる用地取得》
・購入代金が200万円以上であるもの

・既に取得済みの場合は取得から3年以内であるもの

 

 上記金額に次のいずれかを加えた額

 


(市内に事業所を有する建築事業者等が施工する場合)

(1)  三世代同居及び三世代近居による場合  100万円

(2)  子育て世帯の場合                    80万円

(3)  上記以外の場合             50万円


(市外に事業所を有する建築事業者等が施工する場合)

(1)  三世代同居及び三世代近居による場合   50万円

(2)  子育て世帯の場合            40万円

(3)  上記以外の場合               2万円

 

※ 住誘導区域 10万円加算

 

 《対象となる新築》​
・台所、風呂及び便所を有する延床面積70平方メートル以上の住宅の新築(共同住宅を除く)

・交付決定の年度の翌年度以内に登記を完了するもの

交付申請前に工事を着工しているものは対象になりません

 

注)三世代同居とは、子育て世帯とその親世帯が同一住宅に居住することをいう。
  三世代近居とは、子育て世帯とその親世帯が同一小学校区内(有漢町及び備中町については同一町内)に住居を有することをいう。

 

中古住宅または建売住宅を購入する場合​

住宅購入代金の10分の1 ※千円未満切り捨て

 上限:子育て世帯の場合  100万円

    その他の場合     50万円

 

※居住誘導区域 10万円加算

 《対象となる住宅取得》
・購入代金が200万円以上であるもの

・交付決定の年度内に登記を完了するもの

交付申請前に登記を完了しているものは対象になりません

 

 

※購入した住宅をリフォームする場合の助成金制度についてについてはこちら

 

 

 

申請手続きの流れ

※申請して交付決定するまで、1~2週間かかります

申請時期

住宅新築:新築工事の請負契約後、工事に着手する前(用地取得を伴う場合は売買契約を完了していること)


住宅購入住宅を取得(登記完了)する前


申請手順

 (1) 助成金交付申請書に必要書類を添付して提出してください
 


《添付書類》
住宅新築:助成対象世帯確認書、誓約書、住民票謄本、工事請負契約書の写し、住宅平面図、着工前の写真、

     用地取得を伴う場合は売買契約書等、その他市長が必要とする書類


住宅購入:助成対象世帯確認書、誓約書、住民票謄本、売買契約書または見積書の写し、住宅の全景写真、

     その他市長が必要とする書類


(2) 書類審査後、助成金交付決定をお知らせしますので、工事(住宅購入の場合は取得手続き)に着手してください

(3) 事業完了(登記完了)後、事業実績報告書(交付決定通知に同封)に必要書類を添付して提出してください


《添付書類》
住宅新築:登記事項証明書、完成写真、領収書の写し(工事代金、用地取得の場合土地代金)、

     土地売買契約書(用地取得を伴う場合で申請時に未添付の場合)、その他市長が必要とする書類


住宅購入:登記事項証明書、領収書の写し、売買契約書の写し(申請時に未添付の場合)、

     その他市長が必要とする書類


(4) 審査後、助成金の額を確定し、助成金交付請求書によって口座振込により助成金を交付します

 

ロゴ

住宅ローン【フラット35】子育て支援型・地域活性化型について

高梁市は、平成29年5月25日に住宅金融支援機構と協定を締結し、【フラット35】子育て支援型・地域活性化型の利用が可能となりました。
高梁市若者定住促進住宅助成金を受けて住宅を取得する一定の要件を満たす方が、住宅ローン【フラット35】を利用する場合には、金利の優遇措置(当初5年間の金利を0.25%引下げ)を受けることができるものです。

この【フラット35】の優遇措置の利用に際しては、高梁市に「【フラット35】子育て支援型・地域活性化型利用申請書」を提出していただき、市から「利用対象証明書」の交付を受けた後に、「利用対象証明書」を借入れ契約前に金融機関に提出していただく必要があります。

詳しくは下記のリンク先をご覧ください。

フラット35<外部リンク>

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)