ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 上下水道課 > 事業統合による水道料金・給水申込負担金改定のお知らせ

事業統合による水道料金・給水申込負担金改定のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月29日更新

令和2年4月1日から水道料金を改定いたします。使用者の皆様にはご負担をおかけすることとなりますが、健全な経営に努めてまいりますのでご理解をいただきますようお願いいたします。

改定の理由

水道事業は独立採算により運営することが原則でありますが、料金収入の減少、施設の老朽化対策による支出の増加などにより、運営が厳しい状況となっています。また、簡易水道事業を水道事業に統合することにより1事業となるため、水道料金の統一が必要になりました。このため市では、10回以上にわたる高梁市水道経営審議会にて審議いただいた水道料金の改定案を基本に、簡易水道区域は令和2年に、上水道区域は令和2年、令和7年、令和12年の3段階で料金改定を行い、10年後に料金を統一することとしました。

改定の内容

≪改定の時期≫

令和2年4月1日

上水道区域

口径 区分 改定前 改定後
13mm 基本料金 基本水量10㎥まで 1,570円 1,830円
20mm 1,780円 2,080円
25mm 基本水量なし 1,990円 2,180円
30mm 2,720円 3,000円
40mm 3,450円 3,810円
50mm 5,550円 6,110円
75mm 9,840円 10,840円
100mm 13,090円 14,460円
全口径 超過料金(1㎥につき) 基本水量を超えるもの 157円 183円

【参考例】

一般家庭(口径13mm)で1カ月に20㎥使用した場合、520円の増額となります。

改定前 基本料金1,570円+超過料金1,570円=3,140円

改定後 基本料金1,830円+超過料金1,830円=3,660円

 

簡易水道区域

口径 区分 改定前 改定後
13mm 基本料金 基本水量10㎥まで 2,090円 2,290円
20mm 2,400円 2,590円
25mm 基本水量なし 2,820円 3,000円
30mm 3,770円 4,070円
40mm 4,710円 5,090円
50mm 6,800円 7,790円
75mm 10,470円 12,930円
全口径 超過料金(1㎥につき) 基本水量を超えるもの 209円 229円

【参考例】

一般家庭(口径13mm)で1カ月に20㎥使用した場合、400円の増額となります。

改定前 基本料金2,090円+超過料金2,090円=4,180円

改定後 基本料金2,290円+超過料金2,290円=4,580円

 

※基本料金と超過料金の合計額に10円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てます。

※令和2年4月1日前から継続して使用している人は、経過措置により5月検針分(6月請求分)から改定後の金額が

適用されます。

 

給水申込負担金

給水申込負担金についても令和2年4月1日から市内統一料金となります。

口径別負担金額は次のとおりです。

口 径 別 負 担 金
口 径 13mm 20mm 25mm 30mm 40mm 50mm 75mm 100mm
金 額 44,000円 88,000円 143,000円 220,000円 363,000円 660,000円 1,320,000円 2,310,000円

水道事業の現状

事 業

給水区域・人口など

経営状況

上水道

(1施設)

・市街地を中心とした密集した地域

・給水人口の約44%

・独立採算により運営

・人口減少、豪雨災害等により経営は厳しい

簡易水道

(20施設)

・中山間部の大半の区域

・広い面積に集落が点在

・給水人口の約56%

・地勢的条件により経営効率が不利

・一般会計繰入金により赤字分を補う

近年の人口減少等により、今後水道料金収入が減少していくと予測されるうえ、施設の老朽化による機器の更新や施設の建設改良に必要な事業資金は今後も増加する見込みです。

簡易水道を上水道に統合する経緯について

簡易水道については、国の方針として、平成28年度末までに同一行政区域にある水道事業と統合することとなりました。その後、地域の特別な事情により整備が遅れる場合は、統合を3年間延長することができることとされました。結果、高梁市では、最終期限の令和2年4月1日に事業統合することとなりました。

平成18年12月 統合計画の提出を要件とする国庫補助見直しについて通知

平成19年 6月 簡易水道施設整備国庫補助金交付要綱及び同取扱要領改正

            (簡易水道統合を重点的に推進)

平成19年 9月 簡易水道事業統合計画書の提出 厚生労働省

平成27年 3月 高梁市水道経営審議会に対して諮問(審議会7回開催)

平成27年11月 高梁市水道経営審議会より答申

平成27年11月 国へ岡山県市長会より統合に対する期間延長及び財政支援を要望

平成27年12月 国へ統合に対する期間延長及び財政支援を要望

平成28年 1月 簡易水道事業統合の期限延長について通知

平成28年 5月 高梁市水道経営審議会に対して諮問(審議会6回開催)

平成29年 1月 簡易水道事業統合期日等延長理由書の提出 厚生労働省

平成29年 2月 高梁市水道経営審議会より答申

※平成29年2月以降も国(国会議員、総務省、厚生労働省)へ、財政支援について要望を行っています。