ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 吉備川上ふれあい漫画美術館

吉備川上ふれあい漫画美術館

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月1日更新
 明るく楽しい地域づくり、夢とロマン溢れる町を目指して、高梁市川上町では1988年から漫画での町づくりを行っており、1994年4月29日に、漫画文化の情報送受信基地としての「吉備川上ふれあい漫画美術館」がオープンしました。
 館内には、大正時代から現代までの漫画本12万冊以上を所蔵しており、話題の新刊も随時入荷しています。
 高梁市名誉市民でもある漫画家富永一朗氏の原画や作品集、愛蔵品の展示や、現在活躍中の漫画家の原画展等も行っており、大人も子どもも楽しめる美術館となっています。
漫画美術館写真

住所

岡山県高梁市川上町地頭1834

開館時間

9時00分~17時00分(入館は16時30分まで)

休館日

・金曜日(祝日の場合は前日)
・年末年始(12月29日~1月3日)

駐車場

50台(バス3台含む)
駐車料金無料

入館料

一般     500円
高校・大学生 400円
小・中学生  300円
 ・有料入館者数20人以上の団体は2割引
 ・ももっこカードを提示された世帯は2割引
 ・公益財団法人 岡山県郷土文化財団会員証をお持ちの方は2割引

以下の方は無料
 ・市内に住所を有する65歳以上の方
 ・未就学児
 ・市内に住所を有する小学校または中学校の児童、生徒(ただし、土曜、日曜、祝日および学校休業日に限る。)
 ・身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と介助者1名
  (受付で手帳を提示してください)
 ・学習活動のため、教職員に引率されて観覧する市内の小学校または中学校の児童、生徒(引率教職員を含む。)
 ・高梁川流域パスポートを提示された小学生(ただし、土曜日、日曜日、祝日のみ)

(注意)企画展、特別展などは別料金の場合があります

名誉館長 富永一朗 プロフィール

 大正14年、京都市生まれ。台南師範学校卒業後、大分県佐伯市で小学校教師となる。
 昭和26年、一大決心をして上京。漫画家としてスタート。代表作として「チンコロ姐ちゃん」「一朗ミステリー」などがある。またテレビ出演など、幅広く活躍中。
 昭和61年日本漫画家協会大賞受賞。日本漫画家協会会員。平成4年紫綬褒章受章。平成6年吉備川上ふれあい漫画美術館名誉館長に就任。平成10年旭日小綬賞受賞。
富永一朗

その他

・車椅子1台、多目的トイレを1箇所設置しています。
・館内に飲用の自動販売機を1箇所設置しています。飲食は所定の場所でお願いします。

大きな地図で見る<外部リンク>