ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災・危機管理情報 > 防災士資格取得特例

防災士資格取得特例

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年8月14日更新

 防災士とは 自助 共助 協働 を原則として、防災の意識・知識・技能を持っていると認められた人で、社会の様々な場で減災と社会の防災力向上のための活動が期待されています。

 防災士資格の取得に当たって、防災、災害対応、応急手当等に実績のある下記に該当する方々を対象に次の特例制度を設けられております。

 特例措置による資格取得も高梁市自主防災組織活動促進補助金の対象となりますので、ご参照ください。

高梁市自主防災組織活動促進補助金

 詳細及び申込に関しては日本防災士機構ウェブサイトをご参照ください。

日本防災士機構公式ウェブサイト<外部リンク>

警察官(退職者含む)

警部補以上

免除されるもの

「防災士養成研修」の履修証明
「防災士資格取得試験」の受験及び合格証明

取得費用

 8,500円(防災士教本代 3,500円、防災士認証登録料 5,000円)

巡査部長以上

免除されるもの

「防災士養成研修」の履修証明

取得費用

6,500円(防災士教本代 3,500円、防災士資格取得試験受講料 3,000円)

 ※試験合格後 防災士認証登録申請費用 5,000円 が必要になります。

申請書等

警察官の「特例」による防災士資格取得について(資格取得までの手順と費用) [Wordファイル/67KB]

消防吏員(退職者含む)

消防士長以上

免除されるもの

「防災士養成研修」の履修証明
「防災士資格取得試験」の受験及び合格証明
救急救命講習(普通救命講習等)の履修証明

取得費用

 8,500円(防災士教本代 3,500円、防災士認証登録料 5,000円)

消防副士長・消防士

免除されるもの

「防災士養成研修」の履修証明
救急救命講習(普通救命講習等)の履修証明

取得費用

6,500円(防災士教本代 3,500円、防災士資格取得試験受講料 3,000円)

 ※試験合格後 防災士認証登録申請費用 5,000円 が必要になります。

申請書等

消防吏員の「特例」による防災士資格取得について(資格取得までの手順と費用) [Wordファイル/68KB]

消防団員(退職者含む)

分団長以上の階級にある(あった)者

免除されるもの

「防災士養成研修」の履修証明
「防災士資格取得試験」の受験及び合格証明
救急救命講習(普通救命講習等)の履修証明

取得費用

 8,500円(防災士教本代 3,500円、防災士認証登録料 5,000円)

書類等

消防団員(退職者を含む)にかかる「防災士」資格取得について [Wordファイル/42KB]

「赤十字救急法救急員資格認定者」

 赤十字救急法救急員の方は、防災士養成特例研修として1日6講目の受講および「防災士教本」の学習により、防災士資格取得試験の受験資格を得られ、試験合格後は防災士として登録申請をすることができます。