ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高梁市消防本部 > 職場体験学習
高梁市消防本部

職場体験学習

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年11月24日更新

職場体験学習

  毎年、学生の皆さんが「未来の消防士」を目指し、高梁市消防署へ来署しています。その活躍の軌跡をご紹介します。

 

 

「高梁中学校の皆さん(令和2年10月21日~22日実施)」

         訓練    訓練    

 

         訓練    訓練

   積極的に各訓練に臨んでいました。特にロープ渡過訓練では、初めはロープを渡りきることが出来ませんでしたが、

  自主的に再度挑戦し見事にロープを渡りきることが出来ました。また救急訓練では2人が協力してAEDを装着し、心肺蘇

  生法を一生懸命実施していました。

「高梁北中学校の皆さん(令和2年10月26日~27日実施)」

              訓練     訓練

 

                     訓練    訓練

    2人とも大きな声で訓練を実施できていて、とても感心しました。7mの高さから降下する救助訓練では、高い所が苦手

   だと言っていたにも関わらず積極的に訓練に臨み、見事に地上まで降りられました。また、救急車や資機材の説明に興

   味を持って真剣に話を聞いてくれました。救命講習も一生懸命に取り組み、胸骨圧迫もとても上達しました。有事の際に

   は積極的に傷病者に声を掛けて応急手当をしてほしいと思います。

「成羽中学校及び有漢中学校の皆さん(令和2年11月11日~12日実施)」

  

            訓練    訓練

 

           訓練    訓練

    成羽中学校、有漢中学校との合同での職場体験でしたが、放水訓練では3人でしっかり連携をして、消防車から

   ホースを繋ぎ放水することが出来ました。救助訓練でもあきらめることなく頑張っていました。倒れている人を救急車

   の中に収容し、病院へ引き渡すまでの想定訓練を行いました。人を運ぶ時の大変さを実感することが出来ました。

「川上中学校の皆さん(令和2年11月17日~18日実施)」

  

                      訓練    訓練

 

                      訓練    訓練

      元気な声を出しながら訓練に取り組んでくれました。消防士に必要な筋力トレーニングの腕立て伏せもしっかりやり

     切りました。ロープを使用した高所からの降下訓練も回数を重ねるごとに上手くなりました。心肺蘇生法では友人と協

     力して一生懸命に胸骨圧迫やAEDを使用して救命しようとする姿が印象的でした。街中で困って切る人がいたら助け

     てあげて欲しいと思います。