ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災・危機管理情報 > 自主防災組織の設立支援等モデル地区を選定しました

自主防災組織の設立支援等モデル地区を選定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月29日更新

自主防災組織の設立支援等モデル地区選定

 高梁市では、災害に強いまちづくりを進めるために、市民、地域、行政が相互に補いつつ、連携による地域の支え合いの中、地域防災力の向上を進めていきたいと考えており、自主防災組織の設立を促進していく観点から、コミュニティ単位での自主防災組織の設立を検討している地区や立ち上げ後で活動に支援が必要な地区をモデル地区として選定し、自主防災組織の設立・活動を支援するとともに、優良事例として広報することによって、自主防災組織の設立促進を図ることを目的に、モデル地区の募集を行いました。

 その結果、3地区の応募があり、応募内容をもとに、3地区すべてをモデル地区として選定しました。

選定団体(地区)

 (1)あたご地域自主防災会(成羽町下原:本町上ノ丁、本町中ノ丁、本町次ノ丁、栄町、東町、妙見町、白谷、旭町)

 (2)成美コミュニティ推進協議会(成羽町成羽、成羽町羽山)

 (3)仁賀協議会(川上町仁賀)

選定書交付式

 日時・・・令和2年5月27日(水曜日) 午前10時から
 場所・・・高梁市役所 3階大会議室1

       あたご地域自主防災会成美コミュニティ推進協議会

       仁賀協議会記念写真

今後の活動

 モデル地区に選定された3地区の地域防災力向上のため、各地区の状況に応じた自主防災組織の設立・活動支援を行っていきます。

 また、3地区の活動を広報し、市内全域の防災意識の向上を図っていきます。