ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高梁市教育委員会 > 「平松政次球場」の愛称を命名しました

「平松政次球場」の愛称を命名しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月9日更新

高梁市出身の元プロ野球選手、平松政次氏のご功績をたたえ、「高梁市神原スポーツ公園野球場」の愛称を、「平松政次球場」に命名しました。

◆「平松政次球場」除幕式を行いました

愛称命名に伴い、

第25回平松政次旗学童軟式野球大会の開会式に先立ち、ご本人の出席のもと、看板の除幕式を行いました。

(1)日 時 平成30年10月6日(土曜日)午前8時15分~8時30分

(2)場 所 平松政次球場(住所:高梁市松原町神原2323-5)

・看板は、除幕式、開会式終了後、野球場南側入口上部壁面に正式設置しました。

・また、野球場南側入口ロビー内に、平松政次氏の写真パネル類を常設しました。

除幕式1
除幕式2
除幕式3

◆愛称命名の経過

・平成30年8月、平松政次氏のご功績により、市内野球2団体から、「高梁市神原スポーツ公園野球場」の愛称を、「平松政次球場」に命名する要望があり、要望書が高梁市と高梁市教育委員会に提出されました。
・この要望を受け、高梁市教育委員会から(注1)高梁市スポーツ推進審議会に諮問したところ、「平松政次球場」に愛称を命名することについては、適当であるとの(注2)建議(意見)をいただきました。
・平成30年9月、審議会の(注2)建議(意見)を受け、本人のご了解のもと、高梁市と高梁市教育委員会では、平松政次氏のご功績を次世代に末永く伝え顕彰するとともに、学童野球のメッカとする等、野球を通じて高梁市を全国にPRし、高梁市のスポーツ推進を図っていくことを目的として、「高梁市神原スポーツ公園野球場」の愛称を、「平松政次球場」に命名することに致しました。

(注1)高梁市スポーツ推進審議会とは、
 スポーツ基本法、高梁市スポーツ推進審議会条例に規定する審議会で、高梁市に付随する行政機関です。審議会は、高梁市教育委員会の諮問に応じて、高梁市スポーツ推進計画の策定をはじめ、スポーツ施設・スポーツ事業の実施・スポーツ団体の育成などスポーツの推進に関する事項について、調査審議し、高梁市教育委員会に(注2)建議(意見)します。
(注2)建議とは、
 公的に意見を申し述べることです。

◆平松政次氏のプロフィール・愛称命名・経歴

◆平松政次旗学童軟式野球大会

 平成6年から、平松政次氏が主管し、毎年10月の3連休、平松政次球場を主会場にして大会を開催しており、平成30年度で25回目を数えます。野球少年たちの登竜門として、県内外から32チームが参加し、選手観客等を含めると、約1500人が集まる市内の野球では最大規模の大会となっています。

(1)主催  高上川学童軟式野球連盟<外部リンク>

(2)共催  高梁市教育委員会

(3)会場  平松政次球場、なりわ運動公園野球場、有漢スポーツパーク多目的グラウンド、かよう総合スポーツ公園野球場

◆正式設置した愛称看板(野球場南側入口上部壁面)

看板正式設置

◆常設写真パネル類(野球場南側入口ロビー内)

常設展示

Adobe Readerダウンロード<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)