ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 山田方谷記念館 > 山田家伝来の史料展 其の三 「方谷と幕末の長州藩」【2月18日~5月9日】

山田家伝来の史料展 其の三 「方谷と幕末の長州藩」【2月18日~5月9日】

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年2月16日更新

高梁市山田方谷記念館開館3周年特別展
山田家伝来の史料展 其の三「方谷と幕末の長州藩」


 当館館長の山田敦は、山田方谷から数えて5代目の玄孫にあたり、山田家には方谷以来の歴史的な史料が数多く伝来しています。
 当館では、施設の設備的な制約から実物史料の展示を常時行うことができず、レプリカを中心とした展示を行っています。しかし、どうにか実物史料をご覧いただく機会が作れないかとの思いから、期間を限定して、山田家に伝来した史料をシリーズ的に展示することとしております。
 今回は、山田方谷の218回目の生誕日と山田方谷記念館開館3周年にあわせて、「其の三」として、幕末の長州藩士の久坂玄瑞と木戸孝允が方谷に宛てた書状2通を展示いたします。
 長州藩は、江戸幕府による統治がゆらぎ変動した時代において、大きな役割を果たした藩の1つですが、この2通の書状は、方谷と長州藩士の2人との関わりや長州藩の動きを詳しく知ることのできる史料です。ぜひご来館いただきご覧ください。

 

■期   間     令和4年2月18日(金曜日)~5月9日(月曜日) 9時00分~17時00分  

           (方谷の生誕日:2月21日 開館3周年:2月24日)

■展示物     山田方谷宛久坂玄瑞書状 文久元年(1861)5月1日付

          山田方谷宛木戸孝允書状 文久3年(1863)1月19日付

■入館料     大人500円、小中学生250円(高梁市在住の小中学生、65歳以上は無料)

■場   所      山田方谷記念館(高梁市向町21) 電話:0866-22-1479

 

方谷書状1

山田方谷宛久坂玄瑞書状 (吉田松陰の改葬について協力依頼)

 

方谷書状2

山田方谷宛木戸孝允書状( 対馬藩士大島友之允・樋口謙之亮を紹介)

展示風景